徘徊防止グッズ

認知症の人の安全を守るために

認知症による徘徊の予防や防止に効果的な徘徊防止グッズ【ケース別】

認知症による徘徊の予防や防止に効果的な徘徊防止グッズ【ケース別】

徘徊は主に認知症中期に症状が悪化してくるとよく見られる症状です。

徘徊の仕方も、家の中を歩き回るケースや、ご老人なのに何キロも離れた場所まで行ってしまうケースなど様々なタイプがあります。

近年、徘徊したまま家への帰り道が分からなくなった認知症の人が行方不明になってしまう事件が急増しています。
警察庁の統計によりますと、去年だけで認知症が原因で行方不明になってしまった人の数はなんと12,208人もいるのです!

参考:平成27年中における行方不明者の状況

徘徊は特に介護者の負担が大きい症状のひとつとも言われています。
大切な身内が徘徊した先で事故にあったり行方不明になったりしたらどうしよう…と、介護者の方は常に心配や不安を抱えることになります。
そういった精神的な負担から、介護疲れに陥り体調を崩してしまう介護者の方は少なくありません。

認知症の人の安全を守り、認知症の人の介護者の負担を減らすためにも徘徊対策グッズを使うことをオススメします。

徘徊の症状はご本人の環境や性格によって異なりますので、全ての徘徊グッズが効果的というわけではありません。
徘徊対策グッズにもメリット・デメリットがありますので、この記事ではケース別にオススメの徘徊対策グッズをご紹介していきます。

続きを読む