徘徊対策

認知症の人が徘徊して行方不明になってしまった時の探し方

認知症の人が徘徊して行方不明になってしまった時の探し方

認知症患者の行方不明者は3年連続で年間1万人を超えています。
超高齢化社会であることを考えると今後も年々増加傾向にあるといえるでしょう。
その中には行方不明から発見されても、身元がわからないまま何年も施設で保護されている方もいらっしゃいます。

万が一、身内の方が行方不明になってしまったら・・・
きっと居ても立ってもいられないですよね。
大切なご家族ですから発見されるまで生きた心地がしないと思います。

行方不明の捜索は一刻を争うものです。
この記事では、もし身内の方が行方不明になってしまった時にご家族が出来る対処法をステップごとにご説明します。

続きを読む

認知症による徘徊はなぜ起こる? 徘徊の原因と効果的な徘徊対策について

認知症による徘徊はなぜ起こる? 徘徊の原因と効果的な徘徊対策について

認知症による徘徊は人によって様々な傾向がありますが、いずれも共通するのは介護者の方の負担がとても大きい点です。

  • 「スーパーに買い物へ行ってくる」と出かけたきり戻って来ない。
  • 深夜、家族が寝ている間に寝間着のまま外へ出てしまう。
  • 夕方になると「実家に帰ります」ともうすでに取り壊した実家へ帰りたがる。

など、徘徊は時間帯や場所に限らず突然起きてしまうので、原因や対策が分からなくて途方に暮れてしまいますよね・・・。

そのため、介護者は認知症の人の行動に常に気を配らなければなりません。
徘徊をしようとする認知症の人を夜も寝ずになだめて睡眠不足になってしまったり、
交通事故にあったら…行方不明になってしまったら…と不安やストレスを常に抱えてしまったりと、
肉体的にも精神的にも疲れきってしまう方が非常に多いのです。

この記事ではそんな介護者の方のために、徘徊が起こる原因と徘徊が起きてしまった場合の効果的な徘徊対策についてご説明いたします。
徘徊について正しい知識を身につけて、徘徊と上手に付き合っていきましょう!

続きを読む

高齢の認知症の人が深夜に徘徊してしまう原因と家族がするべき対策について

高齢の認知症の人が深夜に徘徊してしまう原因と家族がするべき対策について

夜中にふと目を覚ましたら、部屋で寝ていたおじいちゃんがいない!
そんな経験がある介護者の方は決して少なくないのではないでしょうか?

また、今は深夜に徘徊していなくても、もし突然夜中に勝手に外へ出てしまったら・・・と思うと不安でたまりませんよね。

徘徊に関するお悩みの中でも、特に多いのが深夜や夜間に起こる徘徊についてのお悩みです。
深夜だから自分も寝ていて気づけないしどうしたらいいのか・・とお悩みの方は多いのです。

この記事では深夜の徘徊でお悩みの介護者の方のために、深夜に徘徊してしまう原因と対策についてご説明いたします。

続きを読む